はなちゃんのみそ汁を読んで感じた事や思った事

生きるってどんな事ですか?

人間には寿命があります。親は子供よりも早くに亡くなります。

そんな時、あなたにもし子供がいるのなら子供にどんな事を遺したいですか?

はなちゃんのみそ汁

この話は何回見てもすごく母親って偉大なんだなと感じさせてくれますね。

このお話の中でお母さんはこんなことを言っていました。

食が体をつくるんだ

食が命をつくるのだ

 

ガンってどんな病気!?

ガンの話についてはいろいろな意見があると思うのでこれは僕の一個人の意見としてなので

別に信じる必要もなければ間違っていると思ってもらっても構いませんよ。

 

ガンは血液の浄化装置と呼ばれているのをご存知ですか?

ではなぜガンになる必要があるかというと、

血液を浄化させないといけないくらい血液が汚れているからではないかと思います。

 

そもそも人間の体の中には毎日ガン細胞が5000個作られていると言われていますが、

(5000という数字も怪しいですがとにかくガン細胞自体は間違い無く作られている)

人間の免疫力ですね。白血球のナチュラルキラー細胞(NK細胞)が

ガン細胞を攻撃してくれているのでガンは消滅していきます。

 

ということは、

ガン細胞って免疫力で攻撃することができるということです。

1日でたくさんのガン細胞がたくさん作られているんじゃ

みんなガンで亡くなってしまいますよね。

 

本の中の一節を少し載せてみますね。

「千恵さん体温は何度ですか?」

『いつもは35度台だったと思います』

 

「それはいけません。ガンは熱に弱く体温の低いところで大きくなる

まず、あなたがやるべきことは体温を上げること。36度5分以上の体温を

維持できれば、免疫力も上がります

 

免疫力を上げることでガン細胞を消滅させようとしたんですね。

実際一度はこの治療でガンを消滅させたと載っていました。

 

冷えが起こると便秘になります。

便秘になれば腸内環境が悪くなります。

腸内環境が悪い腸から吸収された栄養が血液で体の全身に運ばれます。

 

車でいうところのガソリンですね。

純度の高いガソリンと、純度の低いガソリンではどちらが車にとって

いいガソリンかは言うまでもなくわかりますよね。

 

ガンは血液の浄化装置

 

はなちゃんのみそ汁を読んでみてからは、もしかしたら、

ガンって血液が汚れているのを教えてくれているのかもしれない。

血液が汚れる原因は食事が一番なので食事を気をつけなさいっていうサインなのかな。

(あくまで僕の思ったことなので全く参考にはしないで下さいね)

 

実際に生活習慣を変えることで病院のドクターもびっくりするくらいによくなっている

人もたくさんいるみたいですよ。

 

健康についての考え方

健康にも色々な考え方や捉え方がありますが、

治療院で色々な患者さんを見ていくうちに治る患者さんもいれば治りにくい患者さんも

いるということはこれは本当に現場の中で起こっている現象です。

 

治るから健康?治らないから不健康?

痛くても元気な人もいるし、痛くなくても元気ない人もいる。

 

これは健康に対しての捉え方が人それぞれ違うので答えはないとは思いますが、

生きることに対しての価値観の違いからくるものなのかなと思います。

 

生きる事とは健康でいないと長生きできませんよね。

ここで一つ質問があります。

 

「健康な人ってどんな人ですか!?」

たくさんの患者さんに質問しました。

 

一番多かった答えです。

『元気な人』

 

元気な人ってどんな人って聞いてみると、

「よく笑っている人」「よく動いている人」「前向きな人」

「はっきり意見を言える人」・・・

 

一番多かったのはよく笑う人って答えでした。

 

健康な人=元気な人=よく笑う人

 

1日の中でもよく笑う人もいればなかなか笑うことができない人がいます。

笑うことは体の中の60兆個の細胞が元気になり免疫力も向上することも

医学的に分かっているので1日を今より1分でも笑って過ごす時間が増えると

体の状態もすごく変わってくるのではないかと思います。

 

子供がすごく元気がいいのも毎日笑っていて楽しそうにしていることが

大きな要因なのではないかなとなんか僕の中ですごく説得力があります。

 

みなさんもできれば笑顔で楽しく元気に健康な毎日を送れるように

少し笑顔を意識して生活してみるといいのではないかと思いますよ。