ストレスが体に悪い理由とは!?

よく病院などに行くとストレス性の〇〇ですと言われることがあると思いますが、

ストレスって体には悪いとよく聞くけど・・・っていう人がすごく多いと思います。

ストレス性の〇〇て実は回避できる病気かもしれないですよ。

ストレスがかかると体はこんな変化をしている

ストレスがかかると体は緊張状態になります。

交感神経(活動するときの神経)が優位な状態が続くので血管が細くなります。

血管が細くなると血液の循環が悪くなるので、体温が低下して、低体温になります。

 

筋肉の緊張状態→血管の圧迫→血行不良→機能低下→病気(体調不良)

 

こんな流れが出来上がります。

 

ストレス性の〇〇などは自律神経のバランスが乱れて、

体がリラックス状態にない時に起こりやすいです

 

体をリラックス状態にすることでストレス性の病気が減っていくと思います。

リラックス効果がありかつどこでも簡単に出来ることとは、

「呼吸法」ですね。

 

ストレスが強い人などは息を吸ってから吐く時間の方を長めに意識して行うと良いと思います。

images

 

お問い合わせはコチラから受け付けています

[contact-form][contact-field label=’名前’ type=’name’ required=’1’/][contact-field label=’メールアドレス’ type=’email’ required=’1’/][contact-field label=’お悩みの箇所は?’ type=’radio’ required=’1′ options=’首,肩,腰,頭痛,関節痛,その他’/][contact-field label=’質問などがあればコチラに記入お願いします’ type=’textarea’/][/contact-form]