【超簡単】代謝・基礎体温をあげる3つの方法とは?【痩せる体質になる方法】

健康

今回は【超簡単】代謝・基礎体温をあげる3つの方法とは?【痩せる体質になる方法】という痩せやすい体になるために必要な体の準備をお話ししていきます。

現役の整体師がこれまでたくさんの人をダイエット成功させてきた体質の変え方を今回はご説明できればいいかなと思っています。どんなに頑張っても痩せない人は痩せません。しかし準備が整えば順調に痩せていくのがダイエットの特徴なので頑張って覚えていきましょうね。

痩せやすい人は痩せやすい体を持っている

皆さんダイエットを行う際にこんな疑問を持ったことはありませんか?

  • 同じ量を食べているのに太らない人がいる。
  • 私は少量の食事でも太ってしまう。
  • 同じ運動をしているのに体重の落ち方が違う
  • あの人はなんであんなに体型がいいのか?
  • 私は頑張っても痩せない。

こんなことを感じていたことがある人でも心配しなくても大丈夫です。結論からいうと痩せない人は痩せない体なだけです。痩せる人は痩せる体なだけです。

痩せやすい人と痩せにくい人は体の体質の部分で変化が痩せやすい、痩せにくいといったことがわかれています。目には見えない体の内面にしっかりと目を向けることがダイエットを行う際の準備というわけです。

痩せやすい体質になる2つの方法とは?

基礎体温を1℃上げる

基礎体温を1℃上げることで代謝が13〜15%上がります。

基礎代謝の高い体は、摂取した栄養素をしっかりと利用できる体です。反対に基礎代謝の低い人は摂取した栄養素を利用しずらい体です(カロリーを消費しにくい状態)。

基礎代謝の低下により【消費カロリー<摂取カロリー】の状態に陥りやすく、この状態は当然太ってしまいます。

痩せやすい体になるためには基礎体温を1℃上げることがとても大切になります。

基礎体温を上げて痩せる為の準備をする

週2〜3回の筋トレ

筋肉を効率よくつけたいなと思っている人におすすめなのが下半身の筋力をつけることです。下半身の筋肉は全体の70%を占めていますので、太もも・ふくらはぎ・お尻などの筋力をつけることが全体の筋肉量の増加にも繋がっていきます。

有酸素運動(ウォーキング)など

1日15〜30分くらいを意識してウォーキングをすることもおすすめです。運動不足による体の冷えなども体温を下げる要因となりますので、有酸素運動として気軽に始めることができるのでウォーキングから始めてみるのがいいと思います。

温める(陽性)の食べ物を食べる

食材にも体を温める陽性の食べ物と体を冷やす陰性の食べ物があります。体温をあげたい人はなるべく体を温める陽性の食べ物を食卓に並べるようにしましょう。

陽性の食べ物

ごぼう、にんじん、れんこん、しょうが、黒砂糖、玄米、そば、漬物、 鮭、カニ、卵、赤身の肉や魚、黒豆、みそ、しょうゆ、シナモンなど

簡単にできる体を温める温活メニュー

しょうが紅茶

しょうがには、血行促進、発汗作用、コレステロールの改善などうれしい効果がたくさん!しょうがをひとかけすりおろして、紅茶に入れて飲みましょう。黒砂糖やはちみつを入れてもOK。マイボトルに入れて持ち歩くのもおすすめです!

にんじんリンゴジュース

陽性食品であるにんじん2〜3本と、りんご1個をジューサーにかけて、朝ごはん代わりに飲みましょう。空腹時に飲むとより栄養をぐんと吸収できます!

シャワーから湯船に変える

体温を1℃上げるために簡単な方法としてはシャワーから湯船に浸かるということです。湯船に浸かりじわっと汗をかくくらいになると体温は約1℃上がります。温度はあまり熱くなくても大丈夫なので気持ちいいくらいの温度で汗をかくくらい浸かりましょう。

入浴剤などを使ってリラックスしながら入るのもおすすめです。

4つのくびを温める

人間の体の中で冷えやすいところが4箇所あります。ここが冷えてしまうと体温は上がってきません。冷やしたらいけない4つのくびはこちらになります。

  • 手首
  • 足首
  • くびれ(お腹)

首・手首・足首は皮膚が薄いので冷えてしまうと体全体の温度が下がりやすくなります。体が冷えると体内温度が下がり脂肪が燃焼しやすいどころか脂肪が硬くなり燃焼しにくくなってしまいます。

4つのくびを冷やさないように小物を活用してみるのもおすすめかなと思います。

基礎体温を上げるために5つの方法に気をつけながら痩せやすい体を作っていきましょうね。下に一覧にしてあげておくのでメモなどして忘れないようにしましょう。

  1. 週2〜3回の筋トレ
  2. 有酸素運動(ウォーキング)など
  3. 温める(陽性)の食べ物を食べる
  4. シャワーから湯船に変える
  5. 4つのくびを温める

これを気をつければ痩せやすい体になれるんだ。難しいことしなくてもできることから始めてみようかな。

代謝を上げる2つの方法

筋力を上げる

代謝を上げるために運動をして筋肉の量を増やすことが大事となってきます。体が代謝を行う際の22%を骨格筋が占めています。

筋肉量を増やすことで体内の代謝が上がり、脂肪を燃焼させやすい体になります。

内臓機能を高める

代謝を上げるために内臓機能の働きを良くすることが大事となってきます。体が代謝を行う際の53%を内臓の機能が占めています。

内臓機能の働きを良くすることで体内の代謝が上がり、脂肪を燃焼させやすい体になります。

良く筋肉量を上げることばかり意識している人が多いのですが、内臓の働きを良くすることの方が実は代謝的にはすごく大切になりますので皆さんも内臓機能を高めるということを私生活の中に取り入れてみるのもいいかなと思います。

まとめ

基礎体温を上げるということは体の細胞を元気にさせることと思ってくれればいいかなと思います。細胞が元気になることで燃焼する力が上がり脂肪を落としやすくしてくれます。まずは今回の記事で得たことから私生活に取り入れていくといいと思います。

 

サプリやアイテムを使うことで金額はかかりますが効率よく体質を変えることができます。もちろんお金をかけずに頑張っても全然オッケーですが、基本的には負担がない程度で効率化した方が早く目標を達成できると思います。

タイトルとURLをコピーしました