気圧が下がると偏頭痛が出る理由とは!?

天気が悪くなると体調が悪くなるというのは良く聞く話だと思いますが、

なんで天気が悪くなると体調が悪くなるのでしょうか?

天気が悪いと気圧に変化が起きるのが一番の不調の原因になります。

気圧が下がると血管が変化する

気圧が下がると体調が悪くなる人がたくさんいますが、

気圧が下がると血管が狭くなるという現象が起きます。

人間の体は血液循環が悪いと体調を崩しやすくなりますが、

血管が狭くなると血液循環が悪くなるという事になります。

 

気圧の低下→血管が狭くなる→偏頭痛や痛みが出る

 

こんな流れで体調が悪くなっていきます。

 

冬場に死亡する確率が上がるのも、

寒さのせいで血管が収縮して脳梗塞や心筋梗塞を起こしてしまう

確率が高くなるということです。

 

解決方法としては、血液の循環を回復させてあげる事が一番の解決方法です。

マッサージに行ったり、半身浴をしたり、

体を温めてあげることが一番効果的だと思います。

 

まとめ

気圧が下がると血管が狭くなるのともうひとつこんな事も起きます。

神経が敏感になるので神経痛も出やすくなります。

 

気圧の変化でも体にこんな変化が出てくるので天気が悪い日などは、

体調には十分に気をつけて下さいね^ ^

 
今回の内容が参考になった方は是非身近にいる大切な人に内容を教えてあげてください。

一人で頑張るのは本当に大変なことなので、

周りの人たちと一緒に健康になる方法を試していただけるとすごく嬉しく思います。

 

LINEでも情報発信中!!

下のラインのマークをクリックして登録お願いします。

無料登録なのでみなさん是非登録して下さい^ ^

友だち追加