高血圧を予防するには体を温めると効果的

高血圧とはどんな病気か?の概要はこの間お話ししたと思いますが、

概要が分かっても予防やケア方法は?と疑問に思ったのではないかと思い

今回は実際にどんなケアがいいか紹介します。

高血圧のケアには温熱とふくらはぎが効果的

温熱効果

温熱といって体を温めることは高血圧の原因でもある動脈硬化予防にもなります。

動脈硬化は血管内にコレスレロールなどの

脂質がたまり血液の通り道を細くしてしまう症状です。

imgres

 

ここで考えないといけないことは、油は熱に弱いということです。

体内の温度を上げることで脂質が分解しやすくなるということです。

 

ふくらはぎ効果

ふくらはぎは第二の心臓といわれ下半身のポンプの役割をしていますね。

このふくらはぎの機能が落ちてしまうと、体の循環機能が低下してしまうので、

老廃物を排外へ排泄することができなくなります。

 

d92f9a427e65d2349172cd1d3656a263

 

ふくらはぎをケアすることは体全身の血液循環が良くなります。

血液循環が良くなるということは老廃物がなくなり、

血液の状態がサラサラでいい状態になります。

 

まとめ

温熱効果で血管のコレステロールと分解しやすい状態にして、

ふくらはぎ効果で全身の老廃物の排泄をしていくと、血液の状態や血管の状態が

すごく良くなるので血圧が安定しやすくなります。

 

食事とかもいろいろ気をつけなければいけないのですが、

温熱効果とふくらはぎ効果でも高血圧予防が出来るということも覚えておきましょう。

 

お問い合わせはコチラから受け付けています

[contact-form][contact-field label=’名前’ type=’name’ required=’1’/][contact-field label=’メールアドレス’ type=’email’ required=’1’/][contact-field label=’お悩みの箇所は?’ type=’radio’ required=’1′ options=’首,肩,腰,頭痛,関節痛,その他’/][contact-field label=’質問などがあればコチラに記入お願いします’ type=’textarea’/][/contact-form]