過度ではなくて適度な生活スタイルを作る!!

植物や野菜などでもそうです成長させるためには水をあげる事はすごく大事な事ですが、

適度な水分を与えると成長していきますが、あげすぎると根が腐りダメになります。

人間の体も同じでなんでも適度な生活をしている人の方が体調を崩しにくいです。

 

過度では体に負担がかかりっぱなしになる

食べ物に困らないから食べ過ぎる生活をしている人

責任感が強すぎるばかりに無理をし続けている人

自炊が大変だからといってコンビニ、ファーストフード店撫でで外食ばかりしている人

美味しくて止まらないからってお菓子を食べ過ぎている人

適度ならそんなに問題はないと思いますが、過度になるとこんなことが起きてきます。

 

1、食べ物に困らないから食べ過ぎる生活をしている人

もちろん生きるという観点から見ればすごく大切な事ですが、適度にしてください。

いつもお腹いっぱいに食べてしまうと消化、吸収時に内臓に負担がすごくかかり、

血液がすごく汚れてくるので病気の原因にもつながってきます。

「腹八分で医者いらず」といわれるくらい食べ過ぎは体に負担をかけます。

 

2、責任感が強すぎるばかりに無理をし続けている人

ストレスが溜まりやすいという事です。

ストレスが溜まると体の緊張状態が続き体内の血液循環がすごく悪くなります。

循環が悪い→栄養が回らない、老廃物が排泄されない状態になるので、

疲労感、気分の浮き沈み、倦怠感、などを感じやすくなります。

 

3、自炊が大変だからといってコンビニ、ファーストフード店で外食ばかりしている人

4、美味しくて止まらないからってお菓子を食べ過ぎている人

今はどこに行っても食事ができるくらい飲食店がすごく多くなったり、

どこでもコンビニがあるのでついつい寄ってしまったりとしてしまいがちですが、

減らせるなら減らしたほうがいいです。

(僕もよく行くのでついつい行ってしまう気持ちはすごく分かりけど・・・)

 

これはびっくりするような話ですが、今は日本人の死亡率ランキングの1位の「ガン」ですが、

71年前はガンにかかる人はほとんどいなかったそうです。

 

ガンがどんどん増えてきたきっかけは、戦後にアメリカの文化が日本に入ってきたことが

一番大きな要因だと言われています。

 

ご飯と味噌汁が主食の食事からパンと牛乳が主食に変わってきたり、

ファーストフード、化学調味料が使用されだした頃から

年々「ガン」が増えてきているそうです。

 

働き過ぎで過労死したり、食べ過ぎで逆に病気になったり、

責任感が強すぎで精神的に追い詰められたりとたくさんありますが、

 

働くことは生活するために必要だし、食べることは生きることだし、

責任感が強いのは信頼を集めるしみんな大事なことではありますが、

なんでも適度が一番いいです。

imgres-3

 

お問い合わせはコチラから受け付けています

[contact-form][contact-field label=’名前’ type=’name’ required=’1’/][contact-field label=’メールアドレス’ type=’email’ required=’1’/][contact-field label=’お悩みの箇所は?’ type=’radio’ required=’1′ options=’首,肩,腰,頭痛,関節痛,その他’/][contact-field label=’質問などがあればコチラに記入お願いします’ type=’textarea’/][/contact-form]